当院の入れ歯に対する考え方

入れ歯の必要性

失った歯を補う治療の一つである入れ歯。物を噛む、磨り潰す、発音機能など、歯が担ってる役割は非常に大きいのですが、
何らかの理由によって歯を失ってしまった場合、それらの機能を保つために、失った部分を補わなければなりません。入れ歯は、歯を失った方の生活を支える非常に大切な役割を持っています。

失った歯を放置すると、他の歯をダメにする

失った歯をそのまま放置していると、その隙間を埋めようと歯が倒れてきてしまったりします。そうすると、お口の中全体のバランスが崩れてしまい、結果的に大掛かりな治療が必要になってしまう可能性があります。

最適な入れ歯を選択する

入れ歯を入れると言っても、患者様に適した入れ歯でなければ意味がありません。
入れ歯が合わないと、食べ物が噛めなかったり、痛くなってしまって結果的に入れ歯を外してしまいます。ご自身に最適な入れ歯を装着すれば、保険診療の入れ歯でも充分に噛むことが出来ます。
当院では患者様のベストフィットするような入れ歯が出来るまで繰り返し調整を行い、患者様に適した入れ歯をご提供いたします。

入れ歯の種類

入れ歯の種類は大きく分けて2つあります。
1つ目が部分的に失った派を補う「部分入れ歯」2つ目がすべて失ってしまった歯を補う「総入れ歯」があります。入れ歯を想像すると「総入れ歯」のイメージが強いかと思いますが、入れ歯には2つの種類があります。

部分入れ歯

部分入れ歯は読んで字の如く、部分的に失った歯を補う治療です。部分的に補う治療は部分入れ歯だけでなく、「ブリッジ」や「インプラント」もあります。
クラスプと呼ばれるバネを元気な歯に引っ掛ける形のものと、バネを使わないノンクラスプと呼ばれる部分入れ歯があります。

総入れ歯

総入れ歯は全ての歯を失ってしまった時に、口腔内の機能維持のために装着するものです。総入れ歯には材質や治療法に種類がありますので、患者様のニーズにお答えするようにしております。総入れ歯になると一生付き合っていかなければならないので、ご自身に適した入れ歯を選択する必要があります。

当院で行う入れ歯治療

保険診療の部分入れ歯

保険診療で部分入れ歯が作成出来ます。レジンと呼ばれる樹脂で作られる部分入れ歯で、健康な歯にバネを引っ掛けて失った派を補う方法です。保険診療範囲内ですので、安価で早く出来上がるのが特徴です。

自由診療の部分入れ歯

自由診療の部分入れ歯は”ノンクラスプ”と言って、金属のバネを使わない入れ歯があります。保険診療に比べて、自然な歯茎の色が実現できたり、バネを使わないので、健康な歯に対するダメージが軽減されるという特徴があります。

費用も比較的安価に抑えられ、1歯〜2歯で30,000円〜2歯〜4歯で60,000円です。

保険診療の総入れ歯

保険診療の総入れ歯です。保険診療の部分入れ歯と同じく、レジンで作成します。
メリットは安価で作成までが早いこと。デメリットは入れ歯に厚みがあるので、食べ物や飲み物の熱を感じにくく、食事が楽しめないと仰られる方がいらっしゃいます。

自由診療の総入れ歯:金属床義歯

金属床義歯は床の部分が金属で出来ているので、丈夫かつ熱が伝わりやすい入れ歯です。
メリットは、金属で出来ているので、食べ物や飲み物の熱が伝わりやすく、食事を楽しめるのと共に、薄く出来るので、装着感が良くなります。
対してデメリットは、自由診療なので費用が高くなってしまうことです。

自由診療の総入れ歯:インプラント併用義歯

インプラント併用義歯は、埋め込んだインプラントにマグネットがついており、カチッとはめる形で装着する入れ歯です。
メリットはインプラントを入れるので床の部分がいらなくなるので、入れ歯をしている感覚が無くなるのと、入れ歯自体を薄く出来るので装着感がかなり良くなります。<br>デメリットは、費用が高くなってしまうことと、インプラントの埋入手術が必要になることです。

当院で入れ歯をお考えの方へ

入れ歯は作成技術と調整技術が必要になります。

入れ歯の作成は、作成の技術と調整の技術が必要になります。入れ歯治療に関して熟練の院長が、歯科技工士と連携を取り、患者様の納得が行く入れ歯を作成します。

インプラント併用義歯は、西田紘一が担当します。

インプラントを併用した入れ歯は、日本歯科大学名誉教授であり、口腔外科専門医の西田紘一が担当いたします。インプラント併用義歯を選ばれるかたはご予約が必要になります。

安心してご相談下さい。

入れ歯は一生付き合っていかなければいけない、大切なものです。入れ歯が合わない、痛いなどのお悩みを持たれたままでは何も楽しくありません。
当院の入れ歯治療を通して、患者様が喜んでいただけるように努力しますので、安心してご相談下さい。 

診療日

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31