歯周病治療について

歯周病は国民病

成人の80%ほどが歯周病と言われており、国民病といっても過言ではないでしょう。

歯周病はサイレントキラーとも呼ばれ、気がつかないうちに歯周病が進行して、気がつけば歯が抜けてしまっています。
歯周病は症状が出たときには進行してしまっている状態が一般的です。

どうして歯周病になるのか?

歯周病は歯周病菌が歯茎の中に入り込み、骨を溶かしていってしまう病気です。

歯周病菌が活発になるには、栄養分がなければなりません。その栄養分は「食べかす」です。
食べかすに含まれる糖を栄養分として、歯周病菌は繁殖し、症状を悪化させていくのです。

歯磨きをいつも行っているのに歯周病になってしまった。というかたは、磨き残しがあり、その磨き残しが栄養になって歯周病になってしまうのです。
むし歯になりやすい人も同じように食べかすを栄養分としてむし歯菌が活発化してむし歯になります。

言い方を変えれば、食べかすが残らないようにきちんとブラッシングが出来れば、歯周病やむし歯になりにくい口腔内になります。

歯周病の進行度

1. 健康な歯肉の状態

この状態が健康な歯肉の状態です。
ピンク色でハリのある美しい歯茎と歯の状態です。

2. 軽度の歯周病(歯肉炎)

プラーク(歯垢)や歯石が付着した状態で、歯茎が炎症を起こしています。
歯磨きをすると、少し出血が見られる状態です。歯垢や歯石をきちんと取り除き、正しいブラッシングと定期検診に来れば、改善する段階です。

3. 中等度の歯周病

歯周病が更に進行すると、歯肉に炎症を起こすだけでなく、骨を溶かし始めます。骨を溶かし始めると出血するだけでなく、歯がぐらつき始めます。こちらも軽度と同じで、プラークや歯石の除去とブラッシング、そして定期検診で口腔内の清潔を保ち続けることが重要です。

4. 重度の歯周病

重度の歯周病まで進行してしまうと、骨が溶かされ続けてしまって歯を支えられなくなり、最悪の状態ですと抜け落ちてしまいます。この状態まで来てしまったら、外科処置が必要になります。当院で出来る限度を超えた歯周病に関しては、歯周病専門医をご紹介します。

歯周病を治すためには努力が必要です。

歯周病は患者様の治療参加が必要です。

歯周病治療は、医院の治療も大切ですがご自身で行うセルフケアが非常に重要になります。歯周病治療はブラッシングが基本なのです。そのブラッシングを正しく覚えないと、歯周病をせっかく治しても再発してしまいます。

医院に定期的にきて、磨き残しが無いかをチェックしながら、正しいブラッシング方法を身に着けるようにしましょう。

定期検診を忘れずに!

定期検診を忘れずに行いましょう。ブラッシングを正しく覚えるためだけでなく、どうしても磨けない場所を当院でキレイにしていきます。歯周病治療は、歯科医院側と患者様が手を取り合っていかなければならない治療です。定期検診をしながら、健康で美しい口腔内を取り戻しましょう!

診療日

2020年4月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930