根管治療について

根管治療とは

根管治療は読んで字の如く、歯の根を治療することです。
根管治療が必要になる場合は歯の神経にまでむし歯の進行して、激痛を伴うのを更に我慢したりしていると、歯の神経を腐らせ、歯の根っこにまでむし歯が進行してしまう時に、根管治療を必要とします。

根管治療は、技術と経験が必要になります。歯の根っこに到達したむし歯を切削するには、根管治療専用の器具を使用して、地道にむし歯を削りとっていきます。この時に、歯の根っこをなるべく残せるように、丁寧に治療を行っていきます。

根管治療の症状

根管治療までむし歯が進行した場合、このような症状が伴います。

  • 冷たいものだけでなく、熱いものがしみる
  • 何もしていないのに、ズキズキと痛む
  • 痛みが一瞬引いたあと、数日経過して激しい痛みがきた
  • 噛むと重い痛みがある
  • 歯茎が赤く腫れ上がってしまう

上記のような症状が見られた場合は、歯の根までむし歯が進行しているので、根管治療が必要になります。

 

根管治療の治療方法

神経をキレイに取り除く

汚染されてしまった歯髄(歯の神経)をキレイに取り除きます。

そして、根管の長さを計測します。根管の長さをきちんと計測しないと、根の先まで汚れを取り除くことが出来ませんので、慎重に行います。

根管内を徹底的に清掃します。

神経を取り除き、根管の長さを把握したら、「ファイル」と呼ばれる根管治療専用の器具を使って、根管の中の汚れやむし歯菌に侵されてしまった部分の掃除を徹底的に行います。

ここで汚れやむし歯菌に侵されている部分を取り残してしまうと、再発するリスクが高まるので、根管治療の技術力が最も必要な部分です。

左右両方、丁寧に、そしてキレイに根管を掃除していきます。

根管を消毒して、根管充填を行う

根管の汚れを取り除く事ができたら、むし歯を残さないように消毒します。

消毒をしたら、「根管充填」と呼ばれる処置をします。
根管充填は、むし歯菌の侵入を防ぐために薬剤を根管の先まで隙間なく入れていきます。

この薬剤と根管の間に隙間が出来てしまうと、再発するリスクが高まってしまうので、丁寧に処置していきます。

 

 

被せ物をして根管治療は完了です。

根管充填がきちんと出来たら、土台を立てて被せ物(クラウン)をしていきます。

クラウンは、保険適用の銀歯と見た目が美しい自由診療のセラミックがあります。
患者様とお話をしたうえで、ご納得した材料を選択していただきます。

被せ物が完了しましたら、根管治療は完了です。

根管治療は再治療になる可能性もあります。

根管治療が終わった・・・とホッとされると思います。根管治療は時間が長くなってしまうケースが多いので、根気のいる治療になります。

しかし、そこで放置してしまうと、いずれまたむし歯が進行し、根管治療が再発してしまう可能性があります。
むし歯は上からだけでなく、歯の横もむし歯になります。そこからむし歯が侵入して根管まで到達してしまえば、再度根管治療が必要になります。

根管治療の再治療は成功率が低くなります。よって、歯を残すことが非常に難しくなるといえます。最悪の場合は抜歯をすることになります。

治療後も大変ですが、定期的にメインテナンスを受け、再治療のリスクを限りなくさげていきましょう。

診療日

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031