親知らず治療

親知らずはどうして生えるのか?

親知らずは、一番最後に生えてくる歯で、20歳前後に生えてきます。大昔の人は、食品を加工する技術がなかったので、硬いものを砕いたりするために親知らずが必要でしたが、近年は食文化が変化して、硬いものを進んで食べなくなったため、顎が小さくなってしまいました。
そのため、大昔の人と同じ歯の本数が生えてくるのに顎が小さくなっているので、生えてくるスペースが無くなり、親知らずが曲がって生えてきたり、生えてこないまま埋伏(埋まっていること)されている親知らずが多くなってきたのです。

親知らずは何故抜いたほうが良いの?

親知らずはむし歯になりやすい

親知らずはむし歯になりやすいです。一番奥側に生えてくる歯なので、食べかすが残りやすく、むし歯になりやすいのです。
また、斜めに生えてきてしまった親知らずは、斜めに生えた親知らずと親知らずの前にある歯の間に溝ができやすく、そこに食べかすが溜まりやすいので、親知らずだけでなく、その前にある健康なはもむし歯になってしまう可能性が高くなってしまうのです。

親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯は痛いのか?

親知らずの抜歯は痛い・・・そんなイメージがあるかと思います。
しかし、親知らずを抜歯している時間は麻酔が効いていますので、痛みを感じにくいでしょう。痛む場合は麻酔を追加して、痛くないような配慮を行っております。

親知らずは抜歯時よりも、抜歯後に痛みを伴う方が多いです。理由は、麻酔が切れて傷口が痛むからです。当院では親知らずの抜歯が終わりましたら痛み止めを処方しておりますので、痛みが強い場合は痛み止めをお飲みいただきます。

親知らずの抜歯は歯科医師の技術が重要です。

親知らずの抜歯は、技術力が求められます。親知らずの治療時間が長ければ長くなるほど身体に負担がかかりますし、歯が腫れやすくなります。技術力があれば、治療時間を短縮する事ができ、その分治療後の痛みも和らげることが出来ます。

当院は口腔外科のスペシャリストがいます。

当院は、日本大学名誉教授であり口腔外科学会専門医である西田紘一が親知らずの治療を担当します。長年培った経験と確かな技術力で、親知らずの悩みを解決致します。
親知らずでお悩みになられましたら、ご安心してご予約をお取り下さい。

当院の親知らず治療はご予約が必須です。

まずは検査にご来院ください。

当院の親知らず治療は、ご予約が必要になります。親知らずの抜歯をする日が決める前に一度検査にご来院ください。次回の抜歯がスムーズに行なえます。また、親知らず以外の部分の治療もあわせて行い、抜歯前により良好な口腔内にしておくことで、治療後の痛みが変わります。
親知らずのことで不安を持っている。治療をどこでしてよいか悩んでいる場合は、是非当院へご相談下さいませ。

診療日

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031